小論文の書き方|良い志望動機の書き方を学ぼう!面接でのマナーも把握する

小論文の書き方を知って内容の良いものにする

小論文の書き方

作文用紙

小論文で重要なのが文章構成

小論文を書く時に重要になるのが文章構成となります。また、文章構成は序論・本論・結論の3つに分けることができます。さらに、小論文は全体の8割以上書くようにしましょう。長くなる場合は1割程度までなら問題はありません。

最初に文章構成とあらすじを決める

小論文は先に文章構成とあらすじが決まっていればスムーズに書くことができます。ですから、文章構成とあらすじを決める時は時間をかけてしっかりと決めるようにして下さい。構成やあらすじを決めていなくて作成すると途中で悩んでしまう可能性が高くなります。

小論文の書き方のポイントを把握しておく

小論文を書く時は、いくつか押さえておくべきポイントがあります。そのポイントを把握して小論文を書くと内容の濃いものが作成できるでしょう。

テーマに沿った内容で自分の意見書く

小論文で避けるべきことがテーマから逸れていることです。テーマから逸れないために、出題されているテーマの意図が何なのかを考えておきましょう。また、自分の意見をしっかりと書くことも重要になります。意見を十分に書くことで考えが伝わるので、大切なポイントと言えます。

小論文を書く際に気をつけること

自分の意見を伝えたいために感情的になる場合があります。感情的な文章を書くとマイナスポイントとなるので注意しておきましょう。さらに、小論文全体を統一したものにすることも大事です。このようなことに気をつけると文が引き締まり良い小論文になるでしょう。

広告募集中